コスギフェスタとは

〜コスギフェスタ メインテーマ〜
子どもたちの笑顔と思い出のために
武蔵小杉を彼らのふるさとにする

コスギフェスタ実行委員会 実行委員長
大野 省吾

第7回コスギフェスタ開催にあたり、ご挨拶申し上げます。
武蔵小杉周辺は、まだ、再開発が進んでいます。既に10棟の高層マンションが建ち、今後も、建設中も含めて更に6棟の高層マンションが予定されていると聞いております。従って、武蔵小杉駅周辺は、現在も将来も、この地域をこよなく愛する地元の住民と高層マンションに移り住んできた新しい住民が共存している街であります。そのような街にあって、新旧住民が融合して、誰もがこよなく愛する街にすることが、私達の使命であると考えております。3年前より、小杉3丁目町会、協同組合武蔵小杉商店街、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの3団体で「コアパーク管理運営協議会」を立ち上げ、「こすぎコアパーク」の活性化を図るために、盆踊り大会、オープンカフェ等の数々のイベントを協力して開催してきました。
今年から、新旧住民のより一層明確なメッセージ発信を目的に、協同組合武蔵小杉商店街とNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントのボランティアが中心になり、同じ志を持つ仲間を募って「コスギフェスタ実行委員会」を立ち上げ、地域の子どもと大人が「この街に住んでよかった」と思っていただけるような活動を続けていきたいと思っております。皆さんで子どもたちの笑顔があふれる街に致しましょう。

コスギフェスタ座長ズより

コスギフェスタ共同座長
上原 秀行

去年コスギに引っ越して1年間コスギ関連イベントでステージスタッフとして奮闘していたところ、前任のよっぴぃから無理やり今年の共同座長を押し付けられました。今年もタワレコ前夜祭ライブのほか、たくさんの地元ミュージシャン、学校、ダンス教室、団体が参加をして3日間で出演者は40組にもなります。準備をしている時からいっぱいいっぱいになりながらも、先輩たちに助けてもらいながら何とかここまで来る事ができました。3日間のお祭りを思いっきり楽しんでたくさん思い出を作っていってください。みんなの笑顔に会えるのを楽しみにしています。

コスギフェスタ共同座長
松尾 寛

コスギフェスタは今年で7年目、昨年までは駅前通り商店街とエリマネがタッグを組んで行っていましたが、今年からは、更に仲間を増やして、「コスギフェスタ実行委員会」が組織されました。武蔵小杉の成長に合わせて、新旧住民の理解を得ながらコスギフェスタも成長しています。この成長を続ければ、本当の意味で「日本一住みたい街」になるのもそんなに遠い未来ではありません。

NPO法人小杉駅周辺 エリアマネジメント 理事長
安藤 均

今年で7回目を迎えるコスギフェスタ。約1年前から準備を重ねてきました。20日前夜祭のカレーフェス、21日トリックオアトリートスタンプラリー、22日のコスギんピックや地元の小中高校などのコンサートなどその他色々な企画で今年も盛りだくさんです。コスギフェスタをやるたびにいろんな人たちの出会いがあり、仲間がどんどん増えていきます。年1回、子どもも大人も仮装をして、大いに楽しんでください。地元の皆様とともに大いに盛り上がりましょう。子どもたちの笑顔のために!どうかよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です